・ネイルサロンの店長になる!

ネイルサロンのホームページを見てみると、多くのサイトで所属ネイリストが紹介されています。
その中でも、各店舗の店長は、特別なオーラを放っていますよね。
ネイリストとして生きていく!

そう決めたなら、収入面でも、自分の満足面でも、店長への昇格を狙っていきたいものです。
とはいえ、ネイルサロンは年功序列ではありません。

ただ長く勤務しているから……という理由で店長に選ばれることはないと思いましょう。
顧客満足度だけでなく、従業員との調和、指導など、様々な力が店長職には求められています。

・店長になるために身につけたい能力とは

店長には大きく分けて二つのスキルが求められると言われています。
その一つが、コミュニケーション能力。

お客様が気持ちよく過ごせる会話を心がけることはもちろん、従業員同士とも密に連絡を取り、信頼を集める必要があります。
技術や知識が優れていたとしても、偉ぶるのではなく、気配りの姿勢でいたいですね。
この人を支えたい!

そんな風に思ってもらえるのが理想です。
店長に必要なもう一つの能力がマネジメント能力です。

ネイルサロンを活性化させていくためには、ネイリストを育てる必要があります。
個々の良い部分を見つけ伸ばしたり、得意なネイルを把握しそれに見合ったお客様を担当してもらったり、といった、管理能力も問われます。

愛されている店長には自然とこういった力が備わっているもの。
お客としてネイルサロンへ行くことがあれば、店長の動きに注目してみましょう。
ネイルの求人を探す際に、きっと役立つはずですよ。

画像出典元:https://nailbook.jp/salon/13227/